2016年01月05日

続・ちっこいフィルターを考える

ども。

新年明けましておめでとうございます。嫁の仕事始めの方が一日早かったので、いそいそと年始早々水換えをしていたら、annulatusの3Lプラケを床にぶちまけました…orz

それはそれとして、オススメの底面フィルターをセッティングしました。

filter07_thumb

使ったのはこれです(charmで売ってる)。切ったりした方がいいと言われたけど、切る必要はなかったぜー。ぶきっちょなワタクシ向き。

ただ、上につかえてしまうので、配管部分はかなり切らないと入らないです。2-3cmぐらいまで切り詰めてやっと入るぐらい。チューブはかなり折れ曲がっているけど、それなりにエアが入るのでよしとしました。めんどくさがりやじゃなければ、もうちょっと切った方が良かったかもしれないです。ちなみに、その後、目の粗いやすりを発見して、微調整はかなり利くことが分かりました…。

filter06_thumb
1号機

そして、できあがったのがコレ。奥の方に行くにつれて土が盛り上がっているのですが、1/3ぐらい土になってしまう…(^^;;; それに水換えの度に土が舞い上がるんですけど(´・ω・`) なんとかならんかなぁと土の盛り方を変えたのがこちら。

filter08_thumb
2号機

すごい分かりにくいけど、手前の所は土がほとんどない路線です。これで水換えの度に土が舞うことがないぜーと思っているのだけど、時間が経つにつれて崩れてしまいそうです(^^; 土が舞っても問題ないという意見もあるのですが、本当にそうかは今後を見ないと分からないなぁ。

とりあえず1号機の方にcameronense GEAVの稚魚を入れているけど、今のところは問題なさそう。まあ、立ち上げたばかりだから水質云々はこれからだろう。

スポンジフィルターと比較して一番の欠点としては、取り回ししにくいということになるかな。スポンジフィルターならばそれを水から出せば色々なところに水槽を持ってこれるけど、底面フィルターになるとそうはいかないですねー。設置場所を間違えると色々残念なことになりそう。

後はコレは好みになると思うけど、このままだと弱い水流が出来ています。泳ぐ系の魚はいいけど、Riv.みたいにあまり泳ぐのを好まない魚には向いてないかも。

また何かあったら報告します。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

new Riv.

ども。

新しいRiv.が来ました。

Riv. sp. Bakhuis SUR 2010-03

Riv. sp. Bakhuis SUR 2010/03という種で、4cmぐらいかなぁ。beniensisにちょっと似てるような配色です。Riv.にしては割とオスメスの仲が良いようですが、今後どうなるかは分からず。物怖じもあまりしないような印象です。

現時点ではウィローモスしか入れていないけど、産卵を確認できず。しばらくダメだったらモップかな。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

GEAV 14/6

ども。

cameronenseのGEAV 14/6の写真が撮れましたヨ。

cameronsense GEAV 14/6

cameronenseは他にも色々出ていましたが、写真が全くない&記述によってはaff.になってるので、このロケにしました。が、どこら辺がaff.なんですかね?(^^;

cameronsense GEAV 14/6

ブルーが比較的弱くて、メタリック感の方が表に出てるからなんですかねぇ…。

cameronsense GEAV 14/6

よく分かりませんが、きれいなのでよし! 今のところ、順調に育っています。産卵もしてないのになぜ順調と思うのかなぁと考えてみましたが、今までのcameronenseと違って割と食に貪欲なのが、順調感の源かなぁ。冬だからだけかもしれないけど、今後もこの調子だと飼育者としては助かります(^^;

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 11:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

ちっこいフィルターを考える

ども。

コモンケースにロカボーイminiを使い始めたんだけど、正直いまいちです。なんつーか、フィルターの仕事をあまりしていない印象で、水換えして調子が悪くなるまでの期間があまり変わらん。それとフィルターの中にゴミがたまりがちで、水換えする度に巻き上がって感じ悪い。

ゴミたまる云々はフィルターの構造上仕方ないんだろうけど、ろ過能力が低いのは入れている意味がない。やっぱり表面積がスポンジと砂利だと全然違うし、やむを得ないことなのだろう。詰まることがないというのはいいことだけど、要するに「ろ過するバクテリアもそんなに増えることがない」ということだろうから、二兎を追う者は一兎をも得ずってことなんだろうなー。

ということで、小さなスポンジフィルターを探し中。壁面に付けるタイプのは、キスゴムが劣化するとうんざりするというのは経験済みなので、今回もおもりで沈むやつ。charmでは売り切れだし、サイズはちゃんと測ってないけど、LS-13Sが良いかなぁ・・・。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 13:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

卵を産み始めました

ども。

Riv.ばっかでAphyo.は全然卵産まないよ!とへこんでいましたが、種によってはちんまり産卵が始まりました。やっぱり産卵をしてくれると、どんな種でもうれしいね。ただ、かびちゃうんだよね…(´・ω・`)

hannelorae wuendschi “なんだっけ?(ぉぃ)”とhannelorae hannelorae “GEB 94/19”はちんまりと産み始めたばかりで、仕方ないかなぁ。特に普通のhanneloraeはまだ若いので、これからですね。wuendschiは大きくならないんだけど、しばらくサイズが変わらないからこれがフルサイズなんだろうな。きれいなので、是非是非がんばっていただきたい。ちなみに、成魚サイズは変わるけど、どちらも同じくらいの比較的サイズの大きい卵を産みます。

pascheni festivum “Nyete KV 03/41”もやっと卵を見ることが出来ました。もうフルサイズなんで、このシーズンにちゃんと産卵してくれないときつい…。それはともかく、フルサイズにならないと産卵してくれないんだっけ???

一方で、coeleste “GJS 00/14 Malinga”は産み始めだけど、かびない。こいつら、ブルーがきれいだけど、成魚になる前に産卵しだしてエラい。いつも失敗していたので、もっと気むずかしいのかと思ったんだけど、そうでもないのかしら。

気を抜かずに水換えを頑張ります。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

今年の戦果

ども。

2015年度の輸入状況。

まずは秋の輸入。

Aphyosemion lefiniense Brazzaville

32.5ユーロで卵12+個を購入。BulgariaのHjなんちゃらさんから落札。しかし、一個もなく、当然一匹も浮かず。英語の文章も単純だが分かる、反応も悪くないが、卵自体がいまいちでは…。

Aphyosemion cameronese GEAV 14/6
Aphyosemion mimbon GEMG 11/24

合わせて74ユーロ。SpainのEluなんちゃらさんから落札。mimbonは卵を落札したのだが、あまり取れなかった!ということで、1pr + 卵少量で到着。ブレッシングバックに入れられて到着。水は青かったから、メチレンブルーを入れていたようだ。どっちも元気。すばらしい! ちなみに英語はよく分からないので、推理する能力が必要。

mimbon
mimbonの方

Fundulopanchax avichang GEML 00/16 Nguba II

55ユーロで2 weeks spawnを購入。UKのStrなんちゃらさんから落札。えげれすなんで、英語は普通。大量のピートが届くが、卵1個。とにかく1.5ヶ月待って漬ければ浮いてくると言われたが、浮いたのは今のところ1匹とかびた卵1個。まあ、要するに「XX week(s) spawnはクソ」というのを再確認しただけだった。

続いて、春の輸入。

Aphyosemion sp. FCCO 2013/14

66ユーロで卵20+個を購入。FranceのAphyoなんちゃらさんから落札。英語は微妙だが、単語で乗り切れ!って感じ。結構良くて、ちゃんと届いた。それなりに浮いて、成長中。オス・メスは比較的すぐに分かるが、いつまでも大きくならないのはなぜなんだぜ。こういう種類なのか?

Anablepsoides ornatus AQ-174 Enano red CI 2006 Peru

31.5ユーロで卵15+個を購入。UkraineのVfなんちゃらさんから落札。英語は頑張っているのが伝わる感じで、それほど困らず。結構状態は良かったが、数はそれほど残っておらず。幸いペアが取れてると思うけど、今のところ思ったほどきれいじゃないなぁ…。

Diapteron cyanostictum BDBG 2004/10

52.5ユーロで卵40+個を購入。SpainのPetiなんちゃらさんから落札。結構成績良かったが、その後がへっぽこで白点でだいぶ落とした。今はメス1とオス5-6ぐらいかなぁ。フルサイズだと思うんだけど、まだ産卵はしていない。

合計311.5ユーロ。現在のレートだと41256円。結構金を使ったが、成績はそれほど悪くないかな。でも、春はともかく、秋は失敗が多かった…。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

これってオスかなぁ

ども。

まいどうさんからご支援いただいて、久し振りのこの種。

elassoma

Elassoma okefenokeeってちょー久し振りだなぁ。

1prもらって速効オスを落としてしまって、再挑戦の再挑戦(^^; まいどうさんちとは水質が違いすぎて、適当導入すると申し訳ない状況に…。ブラインを食べてるサイズで、まだ小さいからよく分からないけど、この写真の個体がオスかな???

前回は簡単に繁殖ができたけど、餌をちゃんとやらなかったら全滅した記憶があります。しばらく飼育してなかったから自信はないけど、また頑張って増やせるといいなー。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

たぶんメス1匹だけかな

ども。

本日はKCJの秋のオークションでした。coelesteがメスだけになっていて、それの補充が出来たので、個人的には満足。

関東だと例年は値段が低調なことが多いんだけど、今年は頑張ってくれる人が多かったので、ぼちぼちの金額でした。とは言え、この種がなぜこの金額でッ!(高い方でも安い方でも)というのはありましたな。

それはそれとして、春に卵で導入したDia. cyanostictum BDBG 2004/10が成魚になってきました。

cyanostictum

あるあるですが、おすばっかりでメスは1匹だけ・・・に見える。弱いオスじゃないといいんだけどなー。産卵が確認できるまでは予断を許さない感じ。50ユーロぐらいしたので、是非ペアになって欲しい(^^;

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 22:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

作業メモ

ども。

本日はシルバーウィークのスタートなので、久し振りに庭仕事など。

スプリングスターフラワー
ビオラ F1ピンクアンティーク
ネモフィラ インシグニスブルー

の球根植え&種まきをしました。難しいものではないので、まあそのうち芽が出るだろう。

後は目の前の庭の整備をしなきゃ行けないなぁ。妙に土が少なくて作業しにくいので、まずは土を買ってこないとな・・・。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

FCCO 2013/15

ども。

elegans系らしいA. sp. FCCO 2013/15、それほど飼育は難しくないようで、AquaBidにも複数人が出品していますね。うちのは今、これぐらい。

sp
A. sp. “FCCO 2013/15”

これだけ見るとrectogoenseっぽいような雰囲気なんですかね。

なんとかアカムシが食べれるようになったし、プラケから水槽に移動させたので、ここからは成長がスピードアップするでしょう。後はちゃんとメスが出るかどうかが勝負だなぁ。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする