2018年05月22日

show fish in KCJ convention 2018 その2

ども。

まだまだ続きます。

108_coeleste
A. coeleste “GJS 00/14 Malinga”

coelesteはうちの個体。写真はまだ若い個体だったのでイマイチですが、このロケはヒレの所の赤のバンドがはっきりしていて、綺麗なロケだと思います。以前KCJでも流通していたRPC5 Titiは赤が細かったり途切れていることが多くて、個人的にはあまり好きではありません。その分?黄色いバンドが太かったですけどねー。

それにしても配布しすぎて、どうやら需要がなくなってしまった模様ですw 産む時はむっちゃ産むので、つい大量に育ててしまうんですよね…。

110_cognatum
A. cognatum “CI 08”

これもうちから。実物はもっと赤っぽい感じ。このcognatum、成魚になるにつれ、ヒレがフリンジになってくる模様(写真撮れておらず)。思ったよりおもしろいロケなのかもしれない。メスはまだ余剰があるので、どっかで不足していたら補充可。そのうち混泳水槽送りになっちゃいそうですが…(^^;

ちなみに、まだ全く卵を産まないんですけど(^^;;;

112_congicum
A. congicum “Z 82/17”

これはうちからも出したけど、写真がイマイチだったので、うちからじゃない個体のを。実物はもうちょっと黄色だけど、フラッシュの関係でそうっぽく見えなくなっているだけ。青系じゃないアフィオは普段と劇的な変化がなくていいですよね。

113_decorsei
A. decorsei “Lobaye”

ヒレがかけちゃってますけど、メスにかじられたんですかね。

毎度書いちゃうんだけど、ワタクシが昔飼育していたA. sp. “Lobaye”とは別物で、赤のドットの少なさからdecorseiというかpolliなんじゃないのかというよく分からないやつ。見る度もやもやするw

114_fulgens
A. fulgens “BS 02/03”

115_fulgens
A. fulgens “LEC 93/7”

みんな大好きDia.のfulgensの2ロケ。昔からあるLECの方は見ての通り、最近はオレンジのバンドがきれいに出ない個体ばっかりになってしまいました。記憶が定かじゃないんだけど、元々尾びれの上のバンドは赤が混入しがちだったはずで、仕方がないとは思うんだけど、新しいロケと見比べるとやっぱりきれいに分かれてた方が良いよねぇ。

1993年と2002年の9年間でこうまで差が付いちゃうのかと思うけど、たぶんBSの方も漫然と飼育すると同じようなことになっちゃうのかな・・・? 卵研みたいにRKなんちゃらと名付けて、良いのを選ぶのの是非はともかく、本来の表現形から外れた個体は繁殖からは外した方が良いんだろうな…。難しい種ではそう言ってもいられないんだけどね(^^;;;

このペースで紹介していくと、いつまでかかるんだという気もしますが、年魚になれば雑になってくるので大丈夫www

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 19:21| Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]