2018年06月20日

show fish in KCJ convention 2018 その3

ども。

この時期らしく、elegans系がちらほら産卵しています。今朝はsp. elegans RC 2016/16とcognatum CI 08の採卵をしてきました。でも、RC 2016/16のオス、フィルターの裏にずっと隠れてて、ほとんど姿を見せてくれません(^^;

それより、気を抜くとすぐ間が空いてしまいますね。このペースでは来年になってしまう(^^;

116_gabunense
A. gabunense “EBT 96/24”

昔飼育していた時も尾びれの上下がライヤーテールになってたけど、これまただいぶ派手に伸びています。こんなに伸びなかったけど、このロケの特徴なんだろうか…。ガブガブ御三家は最近飼育している人がほとんどいませんね。margnatumとかboehmiも久しく見ていない。

117_georgiae
A. georgiae “GWW 86/2”

今回のconventionはgeorgiaeが多かったですね。流行ってるのかな? 欲しい人はチャンスだったと思いますが、行き渡ったかな? また突然出品がなくなったりするんですよね…。

118_hera
A. hera “ARK 1-2/96”

懐かしのheraを久し振りに見ましたねー。割と良く増えるし、綺麗だし、オススメなんですけど、定着しませんね。ここらは維持する気があれば維持できるんでしょうけど、ずっとは維持する心意気を維持できないというジレンマがあるんですよね(^^;

119_joergenscheeli
A. joergenscheeli “GBG 93/21”

いつ見ても良い色をしていますよね。写真は緑がかってますが、もっと濃い青です。是非実物を見てもらいたい。今回の優勝魚でした。時間的な余裕が出来たら飼育したいと思ってるんですけど、今回は時間ないと分かっていて、思わず手を挙げてしまいましたw まあ、途中で下ろしちゃいましたけどwww 色々落ち着いたら飼育したいなと思っています。その時は頑張って手を挙げます。

121_ocellatum01
A. ocellatum “GJS 00/16 Sikasika”

122_ocellatum
A. ocellatum “Nzenzele GBN 88/10”

青っぽいシカシカとバンドが特徴的で黄色っぽいゼンゼレ。どっちも良いところありますよね。うちのsikasikaは大量に増やしたら、ある日、白点病でほぼ全滅してしまいました(^^;;; 詰め込みすぎは良くありませんね。現在メス2、不明1で多分終了なんじゃないかと(^^;

124_ogoense
A. ogoense “GHP 80/24”

ogoenseは根強い人気がありますね。うちでも1-2週間ぐらい飼育していたことがあります(一時預かりをしていただけ)。その間に産卵もしてたし、そんなに難しい種じゃないと思うんで、いつか数を取って市場に流したいなと思う今日この頃。

125_pyrophore
A. pyrophore “RPC 82”

これもogoense group。ほぼ毎回conventionに出てきますかね。いつか誰も飼ってないねって気付く日が来るんじゃないかと予想しているんですけど、意外と絶えないですね(^^;

頭側としっぽ側で見事にパターンが切り替わるのがすごいですよね。ニコイチの車みたいでw

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 17:53| Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする