2018年06月21日

ネジバナのねじれ

ども。

twitterでネジバナのねじれは時計回りも逆もあると聞いて、それについて調べたので作業メモ。写真は病院の駐車場だけど、確かに混在している。

ネジバナ
時計回りと反時計回りと

日本語でwebを調べた範囲だと、遺伝的な問題ではなく、後天的な要因によるもののようだ。だけど、ちゃんと分かってはいないようだ。千葉大学教育学部研究紀要によると子房下部の組織が何らかの要因で右を向くか、左を向くかによって決まるとあるが、これに書いてある参考論文が大正元年というむっちゃ古い論文で、図もなければ歴史的仮名遣で読めないという・・・。まさか日本語論文で読めないとは思わなかったなぁ。考えたら、古文や漢文は習ったことはあるけど、歴史的仮名遣は習ったことがないから、さっぱりだ。

一応この論文の結論としては、形態学的に子房下部組織の厚膜組織の偏りの影響じゃないかと考察されているが、結果論かもしれず、なんとも言えない感じ。

Google Scholarでも調べたけど、ちょっと見つからず。検索ワードを何回か変えてみたけど、どうも引っかからない。ねじれはhelix, crockwise, rotation, spiralなどで入れてみたんだけど、どうもそれっぽい論文がない(また有料で見れない)。手元にはないけど、普通に教科書を見てみた方が良いかもしれない。

ちょっと話はずれてしまうけど、ねじれの程度によって受粉確率が異なるという論文は見つけた。freeな論文なので全文が読めるが、読めなくてもFig. 1は見ておくと良いかな。全然ねじれてないネジバナ(定義がおかしい気もするけど)もあれば、むっちゃねじれて一見ねじれと分からないようになってしまったものまで結構バリエーションがあるみたい。ねじれすぎたのは自分でも見たことあるけど、全くねじれてないのは見たことないな…。

ただこの論文の結論で、ねじれがそこそこのが一番受粉確率が良いということから、そのせいでほどよいねじれの個体群が維持されるという結論になってて、どうも遺伝を前提に考えてるようだ。ただそこまで強い環境因子じゃない可能性も高く、まだなんとも言えないという結論になってたけど、そもそも遺伝なのか環境要因なのか、どっちなんだー!(^^;;;

もやもやしたままですが、とりあえずこれ以上は分からず。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 17:58| Comment(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

show fish in KCJ convention 2018 その3

ども。

この時期らしく、elegans系がちらほら産卵しています。今朝はsp. elegans RC 2016/16とcognatum CI 08の採卵をしてきました。でも、RC 2016/16のオス、フィルターの裏にずっと隠れてて、ほとんど姿を見せてくれません(^^;

それより、気を抜くとすぐ間が空いてしまいますね。このペースでは来年になってしまう(^^;

116_gabunense
A. gabunense “EBT 96/24”

昔飼育していた時も尾びれの上下がライヤーテールになってたけど、これまただいぶ派手に伸びています。こんなに伸びなかったけど、このロケの特徴なんだろうか…。ガブガブ御三家は最近飼育している人がほとんどいませんね。margnatumとかboehmiも久しく見ていない。

117_georgiae
A. georgiae “GWW 86/2”

今回のconventionはgeorgiaeが多かったですね。流行ってるのかな? 欲しい人はチャンスだったと思いますが、行き渡ったかな? また突然出品がなくなったりするんですよね…。

118_hera
A. hera “ARK 1-2/96”

懐かしのheraを久し振りに見ましたねー。割と良く増えるし、綺麗だし、オススメなんですけど、定着しませんね。ここらは維持する気があれば維持できるんでしょうけど、ずっとは維持する心意気を維持できないというジレンマがあるんですよね(^^;

119_joergenscheeli
A. joergenscheeli “GBG 93/21”

いつ見ても良い色をしていますよね。写真は緑がかってますが、もっと濃い青です。是非実物を見てもらいたい。今回の優勝魚でした。時間的な余裕が出来たら飼育したいと思ってるんですけど、今回は時間ないと分かっていて、思わず手を挙げてしまいましたw まあ、途中で下ろしちゃいましたけどwww 色々落ち着いたら飼育したいなと思っています。その時は頑張って手を挙げます。

121_ocellatum01
A. ocellatum “GJS 00/16 Sikasika”

122_ocellatum
A. ocellatum “Nzenzele GBN 88/10”

青っぽいシカシカとバンドが特徴的で黄色っぽいゼンゼレ。どっちも良いところありますよね。うちのsikasikaは大量に増やしたら、ある日、白点病でほぼ全滅してしまいました(^^;;; 詰め込みすぎは良くありませんね。現在メス2、不明1で多分終了なんじゃないかと(^^;

124_ogoense
A. ogoense “GHP 80/24”

ogoenseは根強い人気がありますね。うちでも1-2週間ぐらい飼育していたことがあります(一時預かりをしていただけ)。その間に産卵もしてたし、そんなに難しい種じゃないと思うんで、いつか数を取って市場に流したいなと思う今日この頃。

125_pyrophore
A. pyrophore “RPC 82”

これもogoense group。ほぼ毎回conventionに出てきますかね。いつか誰も飼ってないねって気付く日が来るんじゃないかと予想しているんですけど、意外と絶えないですね(^^;

頭側としっぽ側で見事にパターンが切り替わるのがすごいですよね。ニコイチの車みたいでw

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 17:53| Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。