2017年11月28日

初心者向けアフィオ飼育法 (導入まで)

ども。

最近KCJに新規会員が入ったので、初心者向けのアフィオ飼育法をさらっと(書けるといいんだけど)。色々読みたければKCJに岡田さんが書いたのがあるけど、飼育法の書籍となると絶版ばかりですね。KCJで本を出せれば良いんですけど、構想はありつつもまだまだ先の話になりそうです。

オススメの種
この記事が必要な人だったら、ストレイタムかオーストラレかな、やっぱり。綺麗で割と丈夫と言ったら、こいつらだよね。フンデュロパンチャックスもいいと思いますが、個人的には大味すぎて…。特にブルーグラリスみたいな大きな種は大変だと思います。

飼育環境の準備
はじめは30cm水槽が良いと思います。45cm水槽だと楽になりますが、今後数を増やしていくことを予定していて、スペースが広くないなら、30cm水槽をオススメします。水槽には蓋が必須です。エアレーションの関係でチューブを通すところがある蓋だとより良いでしょう(なければ穴を空ける作業が必要)。観察していると、多くの場合は、電気が付いたり人が入ってきた時に驚いて、わーっと泳いだ末にコーナーから飛び出してしまうというのがほとんどです。だから、チューブを通すところが大きすぎると、そこから飛び出しますのでご注意を。大きい場合は上部フィルター用のウールパットでも、ちぎって突っ込んでおくと良いでしょう(エアレーションするので、取れないようにぐいぐい突っ込んでも窒息はありえません)。

フィルターはスポンジフィルターが良いと思います。スドーのがなくなっちゃったので、個人的には、LSS研究所のLS-30Sがいい感じです。まあ、でかすぎたり、ちっちゃすぎなければ良いです。ちなみにキスゴムを使って固定するやつは、キスゴムを定期購入する羽目になるので避けた方が良いですね。どうしてもフィルターを入れたくない人は、エアストーンでエアレーションするだけでも違います。あ、当然エアーポンプも必要になりますね。水槽を増やすつもりなら、エア量が多いものを用意しないと、コンセントが足らなくなります。

水草はウィローモスが鉄板ですかね。暗くても、pHが低くても問題ないし、隠れ家にも産卵床にもなりますし。次点でナヤスですが、pHが低すぎたりすると、バラバラになって死滅するのが難点です。イトタヌキモは水面直下に浮く感じになってしまいますが、産卵床にもなるし、なかなか便利です。ただし、ある程度の量に育つまではバラバラになって、水換えの度に捨てられてしまう恐れがあります。それと入手難易度が高いかな。ミクロソリウムもオススメですが、値段が高いのが難点。ウキクサ系も水質浄化にはなかなか有能です。オオサンショウモがいいと思います。フロッグピットは光量次第かな。ウォータースプライトは増えるところでは増えるらしいですが、我が家ではラムズの餌にしかなりません。

レッドラムズホーンは是非とも用意しましょう。最初は3-5匹ぐらいで十分です。低pHだと殻がもろくなりがちなので、水槽に1-3匹入れて、残りの2匹でプラケで繁殖させるという形式がオススメです。買うと結構高いんだけど、その気になればアホみたいに増えるので、二度と買う気はしないと思います(^^; 沈むタイプで、動物性蛋白を多く含んだ魚の飼料を、餌として購入しておくと良いでしょう(安い金魚用のもので十分です)。

ライトは、1灯の蛍光灯とか、しょぼいもので結構です。水草が枯れない程度でいいので。自然光が結構入るところで飼育すると、アオミドロが生えがちだし、水温が上がりやすいので、そういうところで飼育する時はレースのカーテンなどで減光すると良いです。

水温は20-24℃です。マンション住まいだと冬は何もしなくてもそれぐらいになることも多いのですが、問題は夏です。フンデュロパンチャックスなど丈夫な種を飼育するにしても、常に30℃を超えるところでは厳しいです。水槽用クーラーも良いのですが、水流が強いのは好みではないので、一回り大きい水槽を冷やしてその中に浮かべるとか、工夫が必要になります。夏はエアレーションを多めに、餌を少なめに、水量は多めにすると、より良いでしょう。

ブラックウォーターの元はピートとマジックリーフがありますが、違いはこの前書いたので、それを参照。水換え用の水は、ピートを少し入れて、エアレーションしたバケツなどを用意しておいた方が無難です。

餌は親は冷凍アカムシ、稚魚はブラインシュリンプを用意してください。1日数本でいいと思いますので、小分けしやすい冷凍アカムシをオススメします。まあ、余ったらラムズ繁殖用プラケに放り込めば良いのですが、ちょっと不経済ですね。ブラインは少なくとも最初は皿式で十分です。皿はプラケじゃなくて、スーパーで梨が4つとか入っているプラスチック製容器 (蓋の付いてないジップロックコンテナーみたいなの)で十分です。

実際
まずは水槽にフィルターをセットして、カルキ抜きした水道水を入れて下さい。そこにラムズと水草とゴルフボール大ぐらいのピートかトランプぐらいのマジックリーフを入れます。2-3日に一回ぐらいでいいので、ラムズに少量の餌を与えながら、2-4週間ぐらい放置します。

しばらくすると、水の雰囲気が変わってきます。最初は入れたピートの細かなゴミやらなんやらで少し濁っているのですが、2週間ぐらいすると透明度が増した感じになります。ラムズの糞が粉状に溶けずに、細長いまま転がっているような状態になればばっちりです(あまり古いものは崩れますけど)。すぐ崩れちゃうような状態になっていたら、ラムズに餌をやりすぎです。

そこで初めて魚を導入してください。導入は水温が一致してからが良いと思います。そしたら、いきなりじゃぼんでも大丈夫・・・と言いたいところですが、一応一般的な熱帯魚と同じくらいの水合わせをした方が良いかな。

導入した日は餌は不要です。翌日から少量ずつ試してみて下さい。15分以内で食べきるぐらいの量を目安で良いと思いますが、最初は人がいるところだったり、光が強いところでは食べてくれないかもしれません。大量に入れなければラムズが処理してくれるはずです。

長くなったので(やっぱり)、一度切ります。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 21:39| Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

ホワイトワーム買いました

ども。

どうもKCJで流通しているホワイトワームにグリンダルワームが混入しちゃったみたいで、どっちもいるのが普通になっちゃいました。どうせ餌なんだし、どうでも良いじゃんと思うかもしれませんが、なんかの拍子にグリンダルワームが優勢になっちゃったりするので、割と不便です。ホワイトワームというのが明らかなものだけを分離して育てても良いんですが、不思議とうまくいかず(初期個体が少なすぎるに全部って感じですが)、そんなことしているうちにうっかり全滅させてしまいました。

これは大人の対応をするしかないなということで、海外から個人輸入することにしました。

AquaBidを見ると、一人海外発送をしてくれる人がいたので、値段を見ると13ドルでした。海外への送料は入札前に聞いてくれたまえということだったので、問い合わせるとなんと47ドル。合わせて60ドル (6800円ぐらい)とは・・・。

さすがにそれはないなと思い、丁寧に「送料高いから辞めとく」とお伝えし(そうだよね、と言われたw)、他を探すことにしました。なかなか海外まで送ってくれるところはありませんでしたが、最終的にeBayで購入。それでも、合計36ドル (4000円ぐらい)しましたが・・・。ちなみにGills and Finsというところです。

Gills and Fins

eBayからのメールでは1週間前後で届くということでしたが、届かず。USPSのinternational first class mailなのに届かないということは、税関でトラブっているのかな…と心配しましたが、2週間ぐらいで何事もなく届きました。

5cmぐらいの立方体のジップロックコンテナーで、日本だとバラエティアソートの一番小さいやつだと思うけど、それに入ってきました。蓋のちょうど真ん中に穴が空いていて、そこに綿が詰まってるような通気口が付いていて、ちょっとぬれてましたけど、ちゃんと役に立っていたようです。更に輸送による振動で、培地は粘土の塊になってたけど、無事に生きていましたヨ。粘土みたいな土で育ててるんですねぇ…。

ということで、培養再開です。

話は変わるんですが、グリンダルワームのグリンダルってなんやねんって思ったことないですか? 買ったところのwebを見たら、スウェーデンのMorton Grindal女史がホワイトワームの中からちびっこいのを選んだからって書いてある。

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!! (`・д´・ ;)

KCJの状態が初期状態だったとは…(^^; というか、定期的にそういう個体が出来ちゃうとかだったら、わざわざ購入した意味がないな…(^^;;;

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 18:17| Comment(2) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

がっかり

ども。

A. sp. FCCO 2013/15の稚魚はどうも全部オスになったみたいです。やり直しか…。あまり産卵しないので、なかなかキツいです。ぐれてやる。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 17:32| Comment(3) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ピートとマジックリーフ

ども。

皆様って水質調整って何を使ってるんですかね? 古くからはピートファイバーですけど、最近はマジックリーフとかヤシャブシとか色々ありますよね。

KCJのオークションの度に沖縄からマジックリーフを出してくれる人がいるので、最近うちはそれを競り落として使うことが増えました。ピートみたいに煮なくても沈むので、簡単にピート水が作れて便利です。新規立ち上げの水槽には、水草とカルキ抜きした水道水とマジックリーフとラムズを入れて、しばらくエアレーションしておくと、大体使えるようになるので便利です。

違いは表にするとこんな感じ。

ピートファイバー

マジックリーフ

茶色

黄色〜茶色

隠れ家に

なる

ちょっとなる

産卵床に

向いている

無理

金額

探せば安い

英語できればまあまあ

ラムズの餌

不向き

葉脈だけにされる

手軽さ

面倒

Fenerbahceに

向いてる

向いてない

フィルター的に

使える

使えない

色はピートがもれなくブラックウォーターになるんですけど、熟成が足りないからマジックリーフはもうちょっと明るい事が多いです。最初はコクがなさそうで(?)、嫌だったんですけど、最近は慣れました。これは好き嫌いの問題だけっぽい。

それと表面積の問題で、「フィルターになるかならないか」、「Fenerbahceに向いてるか向いてないか」があります。ピートは結構フィルター的な側面が出てきて、水質が安定化するんですよね。微生物が付いているみたいで、Fenerbahceみたいな小型魚の稚魚の水槽に入れておくと、餌やりがだいぶ楽になります。まあ、ウィローモスでも代用できるけど。ただ、大量に入れると嫌気になってしまうので、水がよどまない程度に。

うちは基本的に産卵床はモップなんだけど、kunziがモップにあまり産んでくれない&半年魚なので、ピートを使い出しました。初期は全部消えちゃったけど、最近は残るようになってきましたヨ。Fp. avichangもピートにしか産卵しないみたいなんで、そこにも入っています(最近ペアを一緒にしたので、産んでるかは不明)。

金額ですけど、ピートはものすごく大量に届いちゃうことを気にしないのであれば、結構安いです。コレを受け入れられないと、似たような金額になってしまいますけどね…。ちなみにマジックリーフもAquaBidで”almond leaves”で検索すると安く売っていますので、英語が苦にならないのであればその方がお得。

明日は川崎でKCJオークションなので、トランプ来日の交通規制にも負けずに、なんか競り落としてきます。うちからもレアなのが出ますよ!

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 17:21| Comment(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。