2016年06月07日

2016 KCJ convention - 6

ども。

残り少数部門(ぉぃ)。Aus.帝国だった日々は遠くなりにけり。

SONY DSC
Aphyolebias rubrocaudatus “Chacra Tambopata 2013”

SONY DSC
Rachovia sp. “Monteria Colombia 2014”

もっとごっついのが多かった印象だけど、色合いもいいし、きれいでした。

304_simp_chacoensis
Simp. chacoensis “PYEH 06/15”

304_simp_costai
Simp. costai “Aruana BAF 13/04”

306_simp_flagellatus
Simp. flagellatus “Malhada NP 06/09”

309_simp_parallelus
Simp. parallelus “chapadao do Ceu”

310_simp_picturatus
Simp. picturatus “Ibotirama BSFS 08/02”

401_aus_alexandri
Aust. alexandri “El Pingo AR 14/1”

402_aus_apaii
Aust. apaii “Villa Soriano”

403_aus_nigripinnis
Aust. nigripinnis “Calmelo”

501_epi_lamotti
Epi. lamotti “Salaya”

502_epi_olblechtsi
Epi. olblechtsi olblechtsi

黒目が小さいと、一気にかわいくなくなるな…(^^;;;

503_lac_pumilus
Lacustricola pumilus

飼育は難しいという噂ですが、これいいですね。うちの会では珍しい路線ですが、定着するといいです。

504_proc_aberrans
Proc. aberrans

505_proc_similis
Proc. similis “Kumba Yellow”

506_riv_geayi
Riv. geayi “JRG 07/Crique Boulanger”

こんなところで終了。

いつも思うのですが、全部の種にちょうどいい音頭ってないので難しいですね。元々の色彩を知っている種はこんなんじゃないんだ!って思うこともあるけど、落札した人はおうちで是非見て欲しいです。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする