2016年06月14日

一歩前進

ども。

etsamense、産卵しています。

最初はペアを別居させて、メスを太らせないとダメだったんですよ。そうすると、1ダースぐらいは確保できるんだけど、一緒のままではちょっとしか産まず…という状況でした。どうやらオスがDVしてるみたいでした。

が、イケている水質を維持している水槽に引っ越したら、途端に仲良くなりました。その後は順調です。なんでなんだよと言われると分からないんですが、水質がいい状態だとcameronense系は仲良くやっているんですが、ちょっと悪くなってくるとDVが出てくると思うんですけど、他の皆様はどうですかね? うちだけ???

悪い住環境だったら機嫌悪くなるよね。カメロ系だもの。 みつお

ってやつですかね。

a_etsamense02
A. aff. etsamense “GEM 2005/3”

ということで、産卵を始めたものの、今度は全然育たず。というか、発生途中でカビちゃうんですよ。これは水が出来ていないせいかと思い、ピートの濃さを調整したり、飼育水を使ってみたりした(親が産卵してるんだから、それでいいだろうという判断)んですけど、全然ダメなんですよ。

a_etsamense03
顔が隠れてしまった…

こんなに産んでるのになんでやねん!とぐれつつも、あきらめるわけにも行かず。

毎日水換えしていると何とか孵化するものも出てきましたが、ものすごい歩止まりが悪いんですよ。あとちょっとで孵化するという瞬間にカビ団子とかで、だいぶ心折れました。とにかくカビちゃうのが悪いんだということで、薬品も使ってみましたが、言うほど芳しくもなく。確かにカビないんだけど、白くなって死んだりしてるのよね。

ということで、現時点の次世代は若いオスx1、雌雄不明4という状態。いくつ発生途中でだめにしたでしょうか…。

で、これは他人に託すしかないだろうということで、会長のOさんとかTomiさんに託してみたものの芳しい結果が得られず、ほぼあきらめておりました。

a_etsamense01
一応ペアの写真

が、解決しちゃったんですよ。

結局、エアレーションをしていればカビないみたい。昔、埼玉のHさんちでは卵もエアレーションしてたなぁということ、卵を送る時にびちょびちょのピートだと成績が悪いという謎、連日水換えするとちょっといいのはなんでなんだろうという疑問、全部納得しました。

多分、元々の生育環境が渓流みたいな所なので、卵の状態でも高めの溶存酸素量が必須なのではないかと。水上保管するか、エアレーションすればいいんじゃないかな。

また一歩前進した感じです! 次は性比の偏りが待っている気もしますが、ちょっとすっきりした。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 13:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

2016 KCJ convention - 6

ども。

残り少数部門(ぉぃ)。Aus.帝国だった日々は遠くなりにけり。

SONY DSC
Aphyolebias rubrocaudatus “Chacra Tambopata 2013”

SONY DSC
Rachovia sp. “Monteria Colombia 2014”

もっとごっついのが多かった印象だけど、色合いもいいし、きれいでした。

304_simp_chacoensis
Simp. chacoensis “PYEH 06/15”

304_simp_costai
Simp. costai “Aruana BAF 13/04”

306_simp_flagellatus
Simp. flagellatus “Malhada NP 06/09”

309_simp_parallelus
Simp. parallelus “chapadao do Ceu”

310_simp_picturatus
Simp. picturatus “Ibotirama BSFS 08/02”

401_aus_alexandri
Aust. alexandri “El Pingo AR 14/1”

402_aus_apaii
Aust. apaii “Villa Soriano”

403_aus_nigripinnis
Aust. nigripinnis “Calmelo”

501_epi_lamotti
Epi. lamotti “Salaya”

502_epi_olblechtsi
Epi. olblechtsi olblechtsi

黒目が小さいと、一気にかわいくなくなるな…(^^;;;

503_lac_pumilus
Lacustricola pumilus

飼育は難しいという噂ですが、これいいですね。うちの会では珍しい路線ですが、定着するといいです。

504_proc_aberrans
Proc. aberrans

505_proc_similis
Proc. similis “Kumba Yellow”

506_riv_geayi
Riv. geayi “JRG 07/Crique Boulanger”

こんなところで終了。

いつも思うのですが、全部の種にちょうどいい音頭ってないので難しいですね。元々の色彩を知っている種はこんなんじゃないんだ!って思うこともあるけど、落札した人はおうちで是非見て欲しいです。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

2016 KCJ convention - 5

ども。

アフリカ年魚編。

餌のやり方から飼育できそうにもないから、詳しいことは知らん(^^; foerschii “Gold”のYellow tailがKCJのHさんoriginalなのは知ってる。australeのspotlessみたいできれいです。それとrachoviiは鉄板できれいですな。

201_n_eggersi
N. eggersi “solid blue”

202_n_eggersi
N. eggersi “red”

203_n_foerschii
N. forerschii “Gold (Yellow tail)”

204_n_foerschii
N. foerschii “Gold”

205_n_fuscotaeniatus
N. fuscotaeniatus “Kitonga North TAN 97/9”

207_n_kafuensis
N. kafuensis “NegaNega ZAM 92/1”

209_n_kilomberoensis
N. kilomberoensis “TAN 95/4”

211_n_rachovii
N. rachovii “Beira 98”

212_n_symoensi
N. symoensi “Sitambuli ZM 12/10”

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする