2015年11月24日

ちっこいフィルターを考える

ども。

コモンケースにロカボーイminiを使い始めたんだけど、正直いまいちです。なんつーか、フィルターの仕事をあまりしていない印象で、水換えして調子が悪くなるまでの期間があまり変わらん。それとフィルターの中にゴミがたまりがちで、水換えする度に巻き上がって感じ悪い。

ゴミたまる云々はフィルターの構造上仕方ないんだろうけど、ろ過能力が低いのは入れている意味がない。やっぱり表面積がスポンジと砂利だと全然違うし、やむを得ないことなのだろう。詰まることがないというのはいいことだけど、要するに「ろ過するバクテリアもそんなに増えることがない」ということだろうから、二兎を追う者は一兎をも得ずってことなんだろうなー。

ということで、小さなスポンジフィルターを探し中。壁面に付けるタイプのは、キスゴムが劣化するとうんざりするというのは経験済みなので、今回もおもりで沈むやつ。charmでは売り切れだし、サイズはちゃんと測ってないけど、LS-13Sが良いかなぁ・・・。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 13:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

卵を産み始めました

ども。

Riv.ばっかでAphyo.は全然卵産まないよ!とへこんでいましたが、種によってはちんまり産卵が始まりました。やっぱり産卵をしてくれると、どんな種でもうれしいね。ただ、かびちゃうんだよね…(´・ω・`)

hannelorae wuendschi “なんだっけ?(ぉぃ)”とhannelorae hannelorae “GEB 94/19”はちんまりと産み始めたばかりで、仕方ないかなぁ。特に普通のhanneloraeはまだ若いので、これからですね。wuendschiは大きくならないんだけど、しばらくサイズが変わらないからこれがフルサイズなんだろうな。きれいなので、是非是非がんばっていただきたい。ちなみに、成魚サイズは変わるけど、どちらも同じくらいの比較的サイズの大きい卵を産みます。

pascheni festivum “Nyete KV 03/41”もやっと卵を見ることが出来ました。もうフルサイズなんで、このシーズンにちゃんと産卵してくれないときつい…。それはともかく、フルサイズにならないと産卵してくれないんだっけ???

一方で、coeleste “GJS 00/14 Malinga”は産み始めだけど、かびない。こいつら、ブルーがきれいだけど、成魚になる前に産卵しだしてエラい。いつも失敗していたので、もっと気むずかしいのかと思ったんだけど、そうでもないのかしら。

気を抜かずに水換えを頑張ります。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 11:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

今年の戦果

ども。

2015年度の輸入状況。

まずは秋の輸入。

Aphyosemion lefiniense Brazzaville

32.5ユーロで卵12+個を購入。BulgariaのHjなんちゃらさんから落札。しかし、一個もなく、当然一匹も浮かず。英語の文章も単純だが分かる、反応も悪くないが、卵自体がいまいちでは…。

Aphyosemion cameronese GEAV 14/6
Aphyosemion mimbon GEMG 11/24

合わせて74ユーロ。SpainのEluなんちゃらさんから落札。mimbonは卵を落札したのだが、あまり取れなかった!ということで、1pr + 卵少量で到着。ブレッシングバックに入れられて到着。水は青かったから、メチレンブルーを入れていたようだ。どっちも元気。すばらしい! ちなみに英語はよく分からないので、推理する能力が必要。

mimbon
mimbonの方

Fundulopanchax avichang GEML 00/16 Nguba II

55ユーロで2 weeks spawnを購入。UKのStrなんちゃらさんから落札。えげれすなんで、英語は普通。大量のピートが届くが、卵1個。とにかく1.5ヶ月待って漬ければ浮いてくると言われたが、浮いたのは今のところ1匹とかびた卵1個。まあ、要するに「XX week(s) spawnはクソ」というのを再確認しただけだった。

続いて、春の輸入。

Aphyosemion sp. FCCO 2013/14

66ユーロで卵20+個を購入。FranceのAphyoなんちゃらさんから落札。英語は微妙だが、単語で乗り切れ!って感じ。結構良くて、ちゃんと届いた。それなりに浮いて、成長中。オス・メスは比較的すぐに分かるが、いつまでも大きくならないのはなぜなんだぜ。こういう種類なのか?

Anablepsoides ornatus AQ-174 Enano red CI 2006 Peru

31.5ユーロで卵15+個を購入。UkraineのVfなんちゃらさんから落札。英語は頑張っているのが伝わる感じで、それほど困らず。結構状態は良かったが、数はそれほど残っておらず。幸いペアが取れてると思うけど、今のところ思ったほどきれいじゃないなぁ…。

Diapteron cyanostictum BDBG 2004/10

52.5ユーロで卵40+個を購入。SpainのPetiなんちゃらさんから落札。結構成績良かったが、その後がへっぽこで白点でだいぶ落とした。今はメス1とオス5-6ぐらいかなぁ。フルサイズだと思うんだけど、まだ産卵はしていない。

合計311.5ユーロ。現在のレートだと41256円。結構金を使ったが、成績はそれほど悪くないかな。でも、春はともかく、秋は失敗が多かった…。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

これってオスかなぁ

ども。

まいどうさんからご支援いただいて、久し振りのこの種。

elassoma

Elassoma okefenokeeってちょー久し振りだなぁ。

1prもらって速効オスを落としてしまって、再挑戦の再挑戦(^^; まいどうさんちとは水質が違いすぎて、適当導入すると申し訳ない状況に…。ブラインを食べてるサイズで、まだ小さいからよく分からないけど、この写真の個体がオスかな???

前回は簡単に繁殖ができたけど、餌をちゃんとやらなかったら全滅した記憶があります。しばらく飼育してなかったから自信はないけど、また頑張って増やせるといいなー。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 22:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。