2014年11月27日

地雷原にgo!

ども。

餌を買いに市ヶ谷へ行ったら、JKFのコンベンションの売れ残りを売っておりました。眺めていると、Riv. sp. NHvdBB 2013/6が比較的状態も良く、どうやら小型のRiv.っぽいので、救出しようかなーと悩んでいましたが…。

なぜかオスが激痩せのRiv. xiphidius “FBS 95/2”を救出してまいりました(爆)。

Riv. xiphidius
これがひどいんだw

写真じゃ分かりにくいんだけど、「まあ、常識的には買わないよね、これ」っていうぐらい、腹がぺたんこで。ハンストしてまっせというオーラがひしひしとw まぁ、売れ残るよねwww

でも、一度xiphidiusを身近で見たかったんだよね〜。あの時mahdiaensisと一緒にxiphidiusももらってくるべきだったな〜・・・って、もう4年以上前か。

で、飼育していますが、予想通りハンストしてます。少量のアカムシとブラインをやりながら、そっと経過を見ていますが、持ち直すかなぁ・・・。乞うご期待。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 01:38| Comment(20) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

annulatus

ども。

埼玉のOさんにもらったPs. annulatus、増え始めましたよ。

Ps. annulatus
Ps. annulatus “GCLR 06/27 Dandayah”

Monroviaと比べると胸びれや尻びれに赤が全然載らないけど、胸びれが伸びるタイプのようです。この種の写真をぐぐってみても、このロケは良く延びるタイプなんじゃないかなと思います。こんなんで泳ぎにくくないのか(^^;

今、うちのプラケでは逆トリオで飼育しているんだけど、上の写真はペアを作る個体です。メスはこの個体とはずっと一緒にいるんだけど、もう一匹とは全く一緒になりません。一方下の写真はその負け組の方。

Ps. annulatus
負け組

上の個体と異なり、胸びれは伸びないのですが、その一方でバンドはこっちの方がしっかりしています。メス的には白黒はっきりしているより、胸びれにょろーんがお好みのよう。

次のconventionまでに生育が間に合うといいな。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 00:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

うろふらめうす しえぐふりえでぃ?

ども。

あんまり人気がないRiv.の分際で繁殖が難しいアイツをまじめに飼育し始めました。

Riv. uroflammeus siegfriedi
Riv. uroflammeus siegfriedi “Jardin Gaia CR03”

オス1、メス6というメスに偏りっぷりが著しい次世代だったのですが、面倒だったのでそのまま維持したら全く産卵せず。まあ、これに限らず、偏ってると大体産卵しないよね。分かってたけど、飼育だけなら簡単なので、ずっと放置していました。

しかし、あんまり飼育している人もいなそうなので、ついに重い腰を上げるワタクシ。まずはオス1、メス2に。残りのメスは隔離してやったぜ(だれかメス欲しくないかなぁ)。

それと、こいつらの親は下に引いたピートにしか産卵してくれなかったので、ピートをしいてその上に水草とモップを入れる方式にしてみました。1-2ヶ月したらピートを回収して、どうなってるか確認するしかないかなと言う諦念モードで。

Riv. uroflammeus siegfriedi
(しっぽしか写ってないけど)メスはリブルススポット出ます

そしたら、モップの一番上のところにちらほら卵を産んでいる模様。楽ちんに回収できるじゃないですか!∩( ・ω・)∩ 多産じゃないので、大体1-2週間に3-5個ぐらいと少ないけど、一杯繁殖しても貰い手がないのでこんなもんで十分。がんばります。

ところで、今、綴りの確認のためにIt rains fishesを見たら、今はCyn. siegfriediという名前になってるっぽいな。発音しにくい方だけ残ったか〜(・ε・`)・・・・・・というか、そもそもなんて読むんだ?(^^;;;

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 00:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

中級魚職人の夜は遅い

ども。

中級魚職人の夜は遅い。「まあ、好きで始めた仕事ですから」とつぶやきつつ、水槽の入念なチェックを始めた。「繁殖までコモンケースでさせますからね、素人には出来ませんよ」 そう言って、地味な個体を手に取る。「やっぱり一番うれしいのは、オークションに出しても誰も入札しない時かな。不人気種を維持したって実感がある」 職人は笑顔で語った。

・・・・・・って、ちがーう!(^^;

適当に飼育してたA. musafirii、よく見たらかなり老成気味。やばい、絶やしてしまう。

A. musafirii
A. musafirii “AVD 2007/1”

あわてて、リセットしてモップ採卵をすると(でもコモンケースのままw)、卵7個。ふむ、かびなければ、なんとかなりそうかな。

それにしても、DKGやSEKの2014 convention resultにもなかったし、知らないうちにこの種、世界的に維持してる人いなくないか?(^^;;; まあ、見なくなったとしても、ABで高騰するとは思えない種だけどな。

ではー☆*:・゜

posted by わるとん at 01:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。