2009年04月07日

新種とか (私的メモ)

ども。
右の海外卵生メダカリンクをちょっと増やしてみた。

KCJのメンバー専用のところに書いたけど、新種・・・というか、 新規登録の種類があったので、blogの記事として書いておきます。ま、個人的なメモなんだけど。(^^; ホラ、検索しやすいし。

*Aphyosemion campomaanense

誰だ、こんな長い名前付けたやつ。カンポマーネンセっつーのかな。kochiくんとかが持っているアレっぽい。元々はA. sp. aff. ahli "ABK 07/181"という記述で流通してたやつかな。abstractだけだけど、原著はこれ (pdf注意)

英語が分からない人向けに簡単にポイントだけ訳。詳しくはAphyosemion DBに載せる予定・・・あくまでも予定。 (^^;
・calliurum groupの一種
・南カメルーン出身
・Ntem川流域に生息
・ミトコンドリア チトクロームb遺伝子の一部分の塩基配列を根拠に分類
色彩の特徴の訳はめんどくさいからDBにて。

*Aphyosemion lividum

転じて、覚えやすくてよろしい(笑)。リビディムでおk? 元々はA. sp. "BLLMC 05/34 Ntoumba"という名前で流通していた種類。多分国内では誰も持っていないと思われ。

写真はこれ。青が印象的ですなー。

原著が英語じゃないからよく分からないんだけど、分からないなりに予想してみる。(ぉぃ
・カメルーン出身
・2005年に採取
・4〜5cmぐらい
・青いというラテン語から命名
後は分かるような分からないような感じでさっぱりだ。(^^;;;

*Aphyosemion (Chromaphyosemion) malumbresi

また読みにくいよぅ。マルンブレシ? 元々はA. sp. "GEMHS 00/31"とか"GEMLBJ 03/47"とか"GEMHS 00/26W"とか"GEMHS 00/32W"とか。そもそもChrom.の類は国内では人気ないから、 多分誰も持ってない。

原著はこれ(pdf注意)。写真も12ページに載ってる。写真だけが良ければ、こことかこことかここ

これまた英語じゃないからよく分からないんだけど・・・。
・赤道ギニア出身
・高度42mぐらい
・海沿いのカメルーン寄りのあたり。
後は良く分からんね。

こんな感じ? そういえば、Fp.もsp. "Korup"はkamdeni "Korup National Park"として知らないうちに登録されていたね。Oyoとかはいつまでもsp.のままなんだけど、 あっという間に新種と記載されるのもあるんだねぇ。ま、やる気の問題かな(笑)。



posted by わるとん at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。